僕たちが貧乏な理由を本気で考えてみたら、このままじゃダメなことに気が付いた。

僕たちが貧乏な理由を本気で考えてみたら、このままじゃダメなことに気が付いた。

2017年9月23日

 

「あー金なんて全然貯まんねーわ」

 

誰もが知るような某大手企業に勤める29歳の友人が、6年ぶりの同窓会の席でそう叫んだ。

その名を聞けば誰からも羨まれる大企業に勤めてはいるが、毎月のように口座の残高はほぼ0になり、生活がカツカツらしい。

「うちは高給取りなんて言われてるけど実際にはそんなことないんだよね」

「彼女には悪いけど、こんなんじゃ一生結婚なんてできないなって思うよ」

同規模の大企業に勤める友人たちも同様に首を縦に振る。

「俺らの世代は所詮こんなもんなんだろうなって思うわ」

彼は皮肉混じりにそうつぶやいた。

“貧乏であること”
宿命付けられている人生

彼らの話を聞いて、ふと思った。

「もしかして、僕たちは一生お金持ちになんてなれないんじゃないか」

と。

いや、お金持ちと言わずとも、せめて“ストレスなく生活できるだけの収入”が欲しい。

僕はずっとそう思っていた。

しかし、日本を代表するような企業に勤めていても、たかが知れた給料しかもらえない。

朝から晩まで懸命に働いても何も報われない。苦しい日々だけが続く。

“3年後のあなた”
どうなっているだろうか?

あなたもここで一度立ち止まって考えてみて欲しい。

この先、あなたが今と同じ職場に勤めて、同じ生活を続けて、続けて、続けて、、その結果、5年後、10年後の生活は明るいだろうか?

今とは劇的に変わって、高収入で、豊かで、ゆとりのある生活ができているだろうか?

少なくとも僕には、この先、僕に明るい未来が待ち受けているようには思えなかった。

社員が2、30人ほどの零細企業に新卒で入社してしまった僕には、5年後、10年後、精神的にも経済的にもゆとりを持って、伸び伸びと過ごしている自らの姿が想像できなかったのである。

つまり、このままでは「宝くじが当たる」という天文学的な確率の奇跡でも起こらない限り、一生ゆとりのある人生など送れないと確信したのだ。

 

あなたはどうだろうか?

今と同じ生活を続けて、あなたの10年後の未来は明るいだろうか?

もし、明るくないのであれば、未来を変えるためには、僕も、あなたも、なんらかの行動を起こさなければならないということになる。

辿り着いた1つの結論

では、何をすれば良いのか?

あらゆる書籍を読み漁り、ネットで情報をかき集め、無い知恵を振り絞って考え抜いた結果・・・

ある1つの結論にたどり着いた。

それは僕たちが経済的に豊かになるためには、

・複数の収入源を持つこと

が不可欠だということだ。

この事実が理解できなければ、

「もはや洗脳されている

と言っても過言ではない。

なぜなら、この条件を満たすことができなくては、僕たちは死ぬまで「会社の奴隷になる」しかないことが明白だからだ。

しかし、会社からの給与以外の収入源を持つことができれば、仮に減給されようが、会社をクビになろうが、あなたが会社を辞めようが関係ない。

会社に依存する必要もない。苦痛で仕方がない会社なら辞めても良いのだ。

したがって、僕たちが裕福になるためには、たった1つの収入源に「依存」している現状から脱却し、確固たる第二、第三の収入源を確保する必要がある。

でも、その結論って
本当に正しいの?

と、あなたは思っているかもしれない。

しれないが、では、あなたは現実的にどのようにして現状を変えていくつもりなのだろうか?

言うまでもなく、「出世」しても、「転職」しても、根本的な解決にはならない。

なぜなら、1つの収入源しかなければ、結局は会社の言いなりになるしかないからだ。

要するに「会社」に依存している限り、根本的な解決にはならないのだ。

人生の主導権を取り戻す

もはや会社はあなたを奴隷のようにこき使うだけで、あなたのことを守ってなどくれない。

人生の主導権を取り戻すためにも、僕たちは今すぐにでも複数の収入源を獲得すべく、動き出さなければならない。

今やそれが「当たり前」の時代なのだ。

そして、実際にサラリーマンで副業を始めて“複数の収入源”を得ることに成功し、書籍まで出版してしまった人物まで存在する。

それが小玉歩さんという人物だ。

普通のサラリーマンが
副業で部長の年収超え?

小玉さんはサラリーマン時代に副業を始めたものの、副業での収入が会社にバレてしまい、クビを宣告されてしまった。

とは言え、当時、小玉さんの副業収入は、わずか1ヶ月で部長の年収を超えるほどあり、会社からクビを宣告されたとしてもまったく問題はなかったのだ。

小玉さんが自身の体験を元にした書籍「クビでも年収1億円」を出版したところ、ベストセラーとなり、シリーズ累計15万部を超える大ヒットとなっている。

こういった経験から小玉さんはビジネスの専門家として、テリー伊藤さんの番組TBS「Nスタ」の特集など、様々な形でメディアに出演。

会社員経験を生かした「社畜を抜け出すための方法」は、非常に実践的で分かりやすいことから、多くのサラリーマンが小玉さんの情報を参考にしている。

各メディアで活躍する中で、小玉さんが提唱する「会社に縛られない自由な生き方」に共感する人が続出。

今や小玉さんのメールマガジンは20万名を超えるほど多くの購読者が存在している。

ベストセラー漫画
完全無料でプレゼント

今だけ小玉歩 公式メールマガジン読者20万名 突破記念キャンペーンを開催しており、購読特典として小玉さんの実話を漫画にした

「クビでも年収1億円(コミック版)」

完全無料で受け取ることができる(実際に出版もされているものだ)。

サラリーマンが副業に取り組み、具体的にどうやってお金を生み出していくのか?が順を追って漫画形式で詳しく解説されている。

コミックを受け取る方法は簡単。

小玉さんの無料メールマガジンに登録するだけで、すぐに読むことができる。

「物は試し!」という気持ちでも何でも構わない。

次に人生を変えるのはあなたの番だ。

まずは以下のボタンをクリックしてあなたの人生が確実に好転する大きな一歩を踏み出してみて欲しい。

チャンスは今まさにあなたの目の前にあるのだから。

↓「クビでも年収1億円(コミック版)」を確認する↓