経済学者の俺が、貧乏こそが「罪」だってことを小学生でもわかるように3分で解説してみた。

2018年7月26日

 

「お金の稼ぎ方を教えます」

 

と言われると、ほとんどの人が条件反射で「怪しい!」と思ってしまう。

実際、あなたもそうではないだろうか?

この理由は大きく分けて以下の2つだ(特に“2つ目”が最大の理由なのだが…)。

 

理由1:「悪いことをしなければお金は稼げない」という謎の先入観があるから

多くの人は「高収入の人は何か悪いことをしてお金を稼いでいる」という謎の先入観を持っている。

根拠は何もないにも関わらず、だ。

しかし、少し考えれば小学生でもわかることだが、本当に悪いことをしているのであれば逮捕されている。

そして、逮捕されていないということは、真っ当な事業で売上を作り、収入を得ているということである。

要するにインターネットや週刊誌で、どんな噂が流れようと当てにはならないということだ。

したがって、まずはその根拠のない先入観を捨てることが収入を上げるためには必須だ。

なぜなら、「高収入の人が実際に何をしているのか?」を知ることが、収入を上げる第一歩だからだ。

 

理由2:「そんなものがあるわけない」と決め付けているから

世の中のほとんどの人は、企業に雇われ、企業から「給与」という形でお金を受け取っている。

そのような生活を送っていると、それ以外のお金の稼ぎ方(=収入を得る方法)を知らないまま過ごすことになる。

すると、企業からの給与以外のお金の稼ぎ方については「そんなものがあるわけない!」「怪しい!」となるのだ。

そして、収入の上げ方を「昇進」や「転職」に求めるのである。

昇進できるのは何年後だ?また、昇進や転職でどれだけ収入が増えるというのだろうか?

会社からの「給与」に依存している限り、いつまで経っても“経済的な自由”は手に入らないことに、そろそろ気が付いた方が良い。

これらの理由をまとめると
「無知」ということになる

「お金の稼ぎ方を教えます」と言われると、無知ゆえに「怪しい!」と思ってしまうということだ。

日本人は「お金を稼ぐこと」にネガティブなイメージを持ち過ぎだ。

海外ではお金を稼ぐことは名誉だし、ステータスにもなっている(尊敬の対象だ)。

なぜなら、「高収入=社会に多くの価値を提供しているということだからだ。

逆に、「お金を稼いでいない」ということは、それだけ「社会に価値を提供していない」ということなのである。

つまり、

お金を稼ぐことは
「悪」ではない

のだ。

冷静に考えてみればわかることだが、お金を稼いで悪いことは1つもない。

そもそも社会に価値を提供して、その対価としてお金を受け取ることの何が悪いのだろうか。

むしろ、精神的にも経済的にもゆとりを持つために、僕たちはお金を稼がなくてはいけないのだ。

そして、実際に「お金の稼ぎ方」を学んだことで“本当の意味での自由”を手にし、ベストセラー作家になってしまった人物まで存在する。

それが小玉歩さんという人物だ。

普通のサラリーマンが
副業で
部長の年収超え?

小玉さんはサラリーマン時代に副業を始めたものの、副業での収入が会社にバレてしまい、クビを宣告されてしまった。

とは言え、当時、小玉さんの副業収入は、わずか1ヶ月で部長の年収を超えるほどあり、会社からクビを宣告されたとしてもまったく問題はなかったのだ。

小玉さんが自身の体験を元にした書籍「クビでも年収1億円」を出版したところ、ベストセラーとなり、シリーズ累計15万部を超える大ヒットとなっている。

こういった経験から小玉さんはビジネスの専門家として、テリー伊藤さんの番組TBS「Nスタ」の特集など、様々な形でメディアに出演。

会社員経験を生かした「社畜を抜け出すための方法」は、非常に実践的で分かりやすいことから、多くのサラリーマンが小玉さんの情報を参考にしている。

各メディアで活躍する中で、小玉さんが提唱する「会社に縛られない自由な生き方」に共感する人が続出。

今や小玉さんのメールマガジンは20万名を超えるほど多くの購読者が存在している。

これからあなた
どう生きるのが正解か?

今なら小玉さんの公式メールマガジン読者20万名 突破キャンペーンをやっていて、小玉さんのLINEに登録すると特典として小玉さんの体験を元にした、

「サラリーマン進化論2.0〜これからの働き方〜」講義

完全無料で受け取ることができる。

たった1人の個人が、この現代において具体的にどうやって進化し、生き残っていくべきなのか?を順を追って小玉さんが詳しく解説してくれている。

まずはこの講義を視聴して欲しい。

なぜなら、単純に物凄く面白いから。

僕自身、オンライン上でこの講義をたまたま見つけて、脳みそにバチバチッと電流が走るくらい凄まじい衝撃を受けた。

なぜなら、「近い将来、日本人が海外へ出稼ぎに行かなければならないと言われているヤバ過ぎる現状の中で、好きな事で生きていく方法」が具体的に解説されていたからだ。

とにかく、今の僕に断言できるのは、次に小玉さんのように人生を変えるのは他の誰でもないあなただということだ。

まずは下のリンクをクリックして、LINEで友達に追加し、この講義動画を受け取って視聴してみて欲しい。

チャンスは今まさにあなたの目の前にあるのだから。

>>こちらをクリックして無料で「サラリーマン進化論2.0」講義を受け取る